年齢層と寿命などについて

ホストクラブの仕事をやる上で、年齢というものが非常に大事になってくるのです。

実際、ホストはかなり寿命の短い仕事で現役を幾つになっても続けることはできません。

せいぜい、ホストの寿命はどんなに人気な人でも30代程度でそれ以降はホストを引退するか、経営者側に回ることが殆どなんですね。

それこそ、トップの人気の人でも20代後半くらいで辞める人が多いということをホストになる前から知っておきましょう。

要はホストという仕事は若いうちに辞めるのが当たり前になっているような仕事なわけですから、当然仕事を辞めた後のことも考えてやっておかないと、だらだらとやっていると人気も落ち目になってしまって路頭に迷うなんてことになることも大いにあり得るのです。

ホストクラブで働くにしても、必ず辞めた後の方向性というものを考えておきましょう。

大体の人は独立して自分でホストクラブを新しく経営する、というようなことが多いですね。

それ以外でも、バーテンに転向したりやはりお水関係や夜の仕事に転職するという人が多いです。

ホストの辞め時はやはり20代後半から30代くらいになりますので、その年から心機一転して普通の職に就くのは難しいのでしっかり辞めた後の道を確保しておきましょう。